【失敗談】スマホのバッテリー(huawei P9)交換中に発火→火傷したお話

ktg
大分バッテリーがヘタってきたな〜… ようし、交換キットが売ってるからチャレンジしてみようっと!

 

カッピィ~
ファーウェイは交換キットが売ってるんだね〜。

 

パッピィー
スマホもずっと使ってると電池の減り早くなるわよね…

 

ktg
バッテリー剥がすところまできたけど、粘着が強くてしんどい…

突然バッテリーから火が…

 

ktg
え… 熱っっ!! あわわわわ火が… ま、まずい…

 

カッピィ~
わわ.. 大丈夫… 火事にならないようにしないと!

 

パッピィー
キャー… 消火器は! 水道水でもいいからかけて消火よ! 

こんにちは。ktgです!

スマホの電池、50%切ってから減るのが異様に早いんだけど…

これ、僕だけじゃなくて結構多くの人があるあるとなっているはずですよね。

きっとそうですよね。。 かなり不便ですよね…

でも、スマホを買い換えるほど今の機種に不満がある訳でもなく、

新しい機種に欲しい機能がある訳でもなく。

であれば、僕の愛用機ファーウェイP9にはもうしばらく頑張ってもらおう!

ということで、バッテリー交換を決意するのですが…

なんと交換作業中に炎上して軽い火傷を負ってしまう事件が発生しました.. ..

これから交換作業される方が同じ失敗をしないためにも、

今回の失敗談をお伝えします!

どうぞご覧下さい!

交換キットをAmazonから買ってみた

Amazon内で、「対象機種名」+「バッテリー交換キット」と検索すれば、

候補がたくさん出てくるはずです。

僕はこちらを購入しました ↓

困ってはいたものの、急がなくてはいけないほどでもなく、後回しになりました。

8月19日

お盆休みにまとめて作業した甲斐あって時間に余裕できたので、

夕方ごろから作業開始します。

例のバッテリー交換キット

スマホ交換キット開封前

ファーウェイバッテリー交換キット開封前

広げるとこんな感じです。

スマホバッテリー交換キット開封

交換作業してみたが..

作業開始!

の前に、一応ググって交換作業の動画などを確認しておきました。

大体やり方がイメージできたので、作業に取り掛かります。

作業は大きく分けて6工程になります。

  1. スマホを分解して中を開ける
  2. バッテリーを固定しているネジを外す
  3. バッテリーを剥がす
  4. バッテリーを交換する
  5. バッテリーを固定する
  6. スマホを元どおりにする

今回、僕はあえなく 3 で 撃 沈 しましたが.. それまでの様子を振り返ります。

まずはカバーを外すところから

スマホのカバー固定ネジを外す

なんなく外しました。

外したネジです。あとで締める時のため分かりやすい所に置いときました。

外したネジ

ネジを外したら、キットの吸盤を使ってカバーを外します。

スマホのカバーを外す

ファーウェイP9のカバーを外す

これがすんなりいかず、地味に疲れます..

1箇所でもスポッと開いたら、他の箇所に変えて徐々に外していきました。

ピックを使って挟んでみたり、手を使ってみたり、

手でスマホカバーを外す

ようやく外れました!

ここまでで、大体15分程度の所要時間です。

スマホを分解途中

ここまでは所詮準備運動で、この後のバッテリー剥がしが最難関らしいのですが、

ここで僕はやらかしました…

バッテリーを剥がしているその時…!

さて、やることはバッテリーを剥がして新しいバッテリーに交換するだけ。

やる事自体は単純なのですが、難しいのがバッテリーが本当に剥がせなくて辛い事なんです..

まずは固定ネジを外す。ここは説明書どおりでOK

スマホバッテリーを剥がす前の状態

固定ネジをとったら、あとは剥がすのだけど、粘着テープがきつくて全然剥がれてくれません

道具を使って配線を傷つけても嫌なので、素手で少しずつ剥がす事に。

スマホバッテリーを剥がす

スマホバッテリーを手で剥がす

ここまでに、作業を始めてから大体30分以上は経過しました。

なかなか剥がせないけど、コツコツやるしかないな〜と腹を括っていたその時…

突 然 火 を 吹 く バ ッ テ リ ー …

(テンパっててそれどころじゃなかったので当時の状況を示す写真などはありません…)

右手の親指付け根部分が被弾しました。

その時はロウソクの灯火程度だったので、思わず机に置いてどうするか高速で冷静に考えます。

真っ先に思いついたのが水! ですが、

油のように水をかけて悪化しないだろうか…?

そもそもなんとか火だけ鎮火させてスマホはなんとか無事に救出…

なんて、あわよくばスマホを助けたいという小賢しいことを考えているコンマ数秒、

火が悪化しそうになり、たまらず洗面台にダッシュして駆け込みました。

もう考えている猶予はない! そう瞬時に判断し、水道水をあてがいます。

一旦鎮火したものの、花火のように火花を飛ばして炎上してしまうスマホ…

炎上したスマホ

スマホのバッテリー交換はこうして失敗に終わり…

スマホ死亡の他に火傷のダメージを負いました。

親指付け根を火傷

大したことはありませんでしたが、数日じんじんとした痛みがあり。

失った物

  • 愛用していたスマホ ファーウェイP9
  • 交換キットの購入代金
  • 交換作業にかかった1時間、その後の対応にかかった1時間、その他の時間

という残念な結果でした。。

失敗を振り返る

こんなやらかしを晒すのは、僕は大バカ者です! と言いふらしているようで、

内心かなり恥ずかしいのですが、失敗談にこそ説得力や価値があるとも感じますので恐々と綴ります。

バッテリーの残量ミス

バッテリーの残量をゼロにしていなかったという初歩的なミスが最大の原因です…

事前準備として、説明書を読んで交換作業の動画を確認したのですが、

バッテリーを使い切っておくという事は書いてありませんでした。

書いてなくても、フツーは気づくし注意するでしょ…

ごもっともなご意見です。が、僕は完全に見落としてました。。

なので、これから交換作業に望もうとする方は、

絶対にバッテリーを使い切ってから作業を開始して下さい! お願いします!!

バッテリー剥がしを舐めていた

全然剥がれないのでちょっと力が入ってしまったかな… と当時を振り返って感じます。

というのも、手で剥がしている時、多分破けてそこから発火したと思うのですね。

なので、さらに時間がかかってもスマートにやれたらば、

無事にミッションコンプリートできたのではないかと。

先人の知恵を借りて万全に望もう

この記事をみて、やっぱ辞めておこう… と思う方もいらっしゃれば、

お前なんかみたいなしょぼいミスはしないよ! おれわたしはやる!!

と挑戦する方もいることでしょう。

挑戦前に、「スマホバッテリー交換 やり方」などで検索して、

最低3記事くらいは熟読することをオススメします。

コツなども詳しく解説した記事がでてきますので。

こちらの記事は全体の流れがかなり詳しく記載されています ↓

発火した時の対処方法です ↓

もしもの時の為に予備スマホの準備も

僕は以前使っていたiPhone6Wimaxがあったので、それで1日しのぎつつ、

AmazonでHonor9を翌日着で買って切り替え。なんとか事なきを得ました。

もし予備のiPhoneがなかったら… と考えるとぞっとします.. ..

なので交換作業に挑む方は、

最悪の事態に備えて予備スマホをいつでも使える状態にしておきましょう!

もちろん、バックアップも忘れずに!!

ktg
ま、元々買い替えも考えてたので、手痛いが踏み切る良い機会だった〜。ははは… …

「失敗はこうした結果こうなったという経験と知見が得られた過程にすぎない」

と無理矢理ポジティブに考えて過ごす今日この頃